WHOが新型コロナウイルスに緊急事態宣言

新型コロナウィルスの猛威と各国の対応

  • 感染拡大が続き死者は200人を超えた
  • 日本政府の対応に批判が殺到
  • オーストラリアでは武漢からの帰国者を島に隔離

感染拡大が続くコロナウイルス

日に日に感染者の増加が見られる新型コロナウィルス。 中国湖北省武漢市を中心として拡がったこの感染症は、今や世界各国で感染者の報告が上がっています。 感染源・感染経路については、いまだ調査中です。 人から人への感染の程度は明らかになっていないものの、罹患者と同じ空間を共有した濃厚接触による飛沫感染やウィルスに触れたのちに体内に摂取してしまった接触感染などによって、徐々に拡散してしまっているものと思われます。

死者は200人を超えたか

2020年1月31日現在において、中国国内での感染者数は9,692名・死者は212名に上っています。潜伏期間は今のところ明らかになっていませんが、最大で14日程度とみられており症状としては発熱やせき・呼吸困難などです。 予防法としては、一般的な感染症と同じく手洗い・うがい・アルコール消毒などが有効とされています。 感染した大半は症状は軽かったようですが、重症化して死亡した人のほとんどは高血圧や心臓病などの持病により、免疫力が低下していた可能性がある模様です。

批判される日本政府の対応

自国民をチャーター機で早期帰国させることに注力したものの、拡散防止策に対しては批判が寄せられています。 他国では、帰国者は全て一定の場所に隔離をする措置を取っていますが、日本政府はそれを行ってません。 帰国時の検査拒否も許すなど、感染拡大への不安要素が多い対応だったといえます。