宮崎謙介の経歴

最近はテレビのコメンテーターとして顔を見ることも多くなった宮崎謙介ですが、188cmの長身と甘いマスクに加え、実業家や政治家という知性ある経歴で女性にモテる要素を兼ね備えた「色男」です。 また、政治家としてはいち早く男性の育児休暇取得の必要性を謳い行動を起こした「イクメン議員」でもあります。 「色男」と「イクメン」、まさに対極とも言える宮崎謙介の二面性は、どの様な経歴で作り上げられてきたのか解説します。

数社で会社員として勤務

1981年東京都生まれ。2歳から7歳までを、父親の仕事の都合によりフィリピンで過ごしました。 早稲田大学商学部を卒業後、宮崎氏は若くして様々な会社を渡り歩くこととなります。 ・2003年 日本生命保険相互会社に入社 ・2004年 株式会社インテリジェンスに転職 ・2005年 株式会社ドリコムに転職 保険会社、人材派遣、IT企業と、全くの畑違いの仕事を転々としながら、宮崎謙介は多くの経験と人脈という財産を得ることとなります。

加藤鮎子と結婚するも離婚

宮崎謙介は2006年に前妻である加藤鮎子さんと結婚しています。 加藤鮎子さんの父親は内閣官房長官や自民党政調会長などを務め、「総理に一番近い男」とも呼ばれた故・加藤紘一氏で、自身も現職の衆議院議員を務める「政界のサラブレッド」です。 この結婚を機に、宮崎謙介も加藤氏の地盤を継いで政界の道へと歩み始めることとなります。その意思を表す様に、宮崎謙介は結婚により「加藤謙介」と姓を変更しています。 しかし、2009年にわずか3年間の夫婦生活にピリオドを打ちました。離婚の原因は宮崎謙介の女性問題が原因であったと報じられています。