連続企業爆破事件とは

(画像:Unsplash

1974年から1975年にかけて、海外進出していた企業をターゲットにした「連続企業爆破事件」が起こりました。断続的に行われたこれらの爆破事件における実行犯は「東アジア反日武装戦線」内にあった、3つのグループのメンバーでした。

極左グループの東アジア反日武装戦線による企業の爆破テロ

「連続企業爆破事件」とは三菱重工業・大成建設・間組といった旧財閥系企業の社屋や施設を、爆弾によって爆破した事件です。 実行犯は「東アジア反日武装戦線」という極左グループの過激派で、「狼(おおかみ)」「大地の牙」「さそり」という3グループが実行しました。 この実行犯たちは逮捕されるまでに、11件の爆破事件を起こしています。

アジア侵略などに加担したと考える企業に対し爆破行為を行った

東アジア反日武装戦線は反日亡国論を主張し、日本国家をアジア侵略の元凶とみなしていました。そこで海外進出が盛んだった旧財閥系の企業はアジア侵略に加担したという理由で、爆破行為を行いました。 「連続企業爆破事件」は1974年8月30日に三菱重工ビルを爆破したことに始まり、1975年5月に間組京成江戸川橋鉄橋工事現場が爆破されるまで計11回に及びました。

東アジア反日武装戦線とは

(画像:Unsplash

「東アジア反日武装戦線」は1972年よりその名称が使われるようになった、アナキズム系の武闘派左翼グループのことです。 1970年に法政大学に在籍していた大道寺将司を中心に結成された、「Lクラス闘争委員会」が源流とされています。