イノベーションの意味は「革新、改革」

(画像:Unsplash

みなさんはイノベーションと聞いて、「なんとなくの意味はわかるけど、具体的な意味や使い方がはわからない」という方が多いのではないでしょうか。イノベーションとは経済発展の一因としての技術の「革新、改革」のことを意味します。 そもそもイノベーションとは誰が提唱した言葉なのか、またイノベーションと似たような言葉はあるのかということについて解説していきます。

シュンペーターによりイノベーションは定義された

イノベーションは、1911年に、オーストリアの経済学者であるヨーゼフ・シュンペーターによって初めて定義され、イノベーションのタイプとして次の5つを挙げました。 ・「新しい財貨の生産」(プロダクション・イノベーション) ・「新しい生産方法の導入」(プロセス・イノベーション) ・「新しい販路の開拓」(マーケット・イノベーション) ・「原料の新しい供給源の獲得」(サプライチェーン・イノベーション) ・「新しい組織の実現」 (オルガニゼーション・イノベーション) 彼はイノベーションを、「経済活動の中で生産手段や資源、労働力などをそれまでとは異なる仕方で新結合すること」と定義しました。

イノベーションは英語の「innovation」からくる

先述しました通り、イノベーションは英語の「innovation」からきています。そして、この英語は動詞「innovate」(革新する・改革する)に名詞語尾「-ation」が付いたものです。 日本語でのイノベーションの意味にはしばしば、「技術革新」という意味で用いられることがありますが、英語での「innovation」ではそのような意味で用いられず「技術」という意味は包含しませんので注意しましょう。 しかし日英共通して言えることは、イノベーションは新しいものを求めて行う行動のことであるということです。

イノベーションの類語は「リフォーム」「インベンション」

イノベーションの類語としては、それぞれの意義素によって様々なものがありますが、例としていくつか挙げていきます。 まず、リフォームです。この単語には、「改善する、修繕する」といった意味があります。イノベーションとの違いとしては、リフォームは単に修繕するだけであるのに対して、イノベーションは新たな付加価値をつけて新しいものを作るという点で異なっています。 次に、インベンションです。これは、「発明」という意味を持ちます。イノベーションとの違いとしては、前者は内的なものであるのに対して、後者は外的な世の中に向けて発信するという点があります。 いずれも間違いやすい単語ですので間違えないよう注意しましょう。