矜持(きょうじ)の意味は「誇りを持つこと」

(画像:Unsplash

スポーツマンのコメントで「矜持」という言葉が使われる機会が多いですが、ビジネスシーンでも頻出する言葉です。「矜持」に用いられる「矜」は「矛の柄」、「持」は「持つ」ことを指す字です。 この2文字を合わせた、「誇りを持つこと」を表した言葉が「矜持」なのです。また「自信を持って堂々とふるまう」という意味もあるため、用途は幅広いです。

矜持の類語は「気位・自尊心」

(画像:Unsplash

「矜持」にはいくつかの類語があります。「気位」や「自尊心」「誇り」「自負」などで、「矜持」を言い換える際に用いられることがあります。しかし正しい意味を理解すると、若干ニュアンスが異なることに気づくはずです。 ここでは「矜持」の類語である「気位」と「自尊心」について、比較しながら説明します。

「矜持」と「気位」の違い

「矜持」の類語として「気位」があげられます。 ・気位が高い彼女は、相手が誰でも物おじすることはありません。 ・侍は気位が高く、その様子を表していることわざが「武士は食わねど高楊枝」です。 「矜持」は「誇りや自信があるからこそ堂々とふるまう」という意味を持ちますが、「気位」は「自らの品位に誇りを感じそれを保とうとする」ことを指します。「気位」は様子というより、心持ちを表す言葉です。

「矜持」と「自尊心」の違い

「自尊心」も「矜持」の類語にあげられます。 ・良かれと思って行った行為を非難され、自尊心が傷つきました。 ・彼は自尊心が高すぎるがゆえに、人の忠告に耳を傾けることができないのです。 「矜持」には「自分が持つ能力が優れていると誇りに思う気持ち」という意味があります。「自尊心」は「自分を優秀だと思う気持ち」を意味するので、言い換えに用いられることがあるのです。しかし「自尊心」には、「尊大に構える」という心持ちが含まれているところが異なります。