1分でわかる稲葉事件

稲葉事件とは

  • 北海道警察の現役警察官が逮捕された事件
  • 警察史上最悪の事件と言われ、組織的犯罪が明るみになった
  • 全国民に衝撃を与えた事件

「稲葉事件」は北海道警察のエース刑事であった稲葉圭昭が、覚醒剤取締法違反並びに銃砲法取締法違反容疑で逮捕された事件です。 逮捕されたのが警察官でしかも現役であったこともショッキングでしたが、逮捕された稲葉圭昭刑事の犯罪だけではなく北海道警の組織的な違法捜査や検挙率にのみにこだわる組織体制が問題視され大きな話題なりました。

稲葉事件の経緯

「稲葉事件」は稲葉圭昭という警察官が起こした事件で、一人の犯罪が警察組織を揺るがす不祥事にまで発展しました。この事件が発覚し主犯である稲葉圭昭の逮捕・起訴・有罪判決を受けるまでの経緯をたどり、稲葉事件がもたらした影響を見ていきます。 真面目で正義の人であった稲葉がなぜ犯罪に手を染めることになったのでしょうか。

2002年出頭した他の人物から稲葉圭昭の覚せい剤所持が判明

2002年北海道警察に覚醒剤を持って男が出頭します。男は自らの覚醒剤使用を認め、ある覚醒剤の大量所有者の名前を告げました。 告発されたのは北海道警察生活安全特別捜査隊班長稲葉圭昭で、過去に100丁近い拳銃を押収した経験もある北海道警察のエースと呼ばれた現役の警察官です。 男は稲葉の捜査協力者として長く信頼関係を築いていましたが、600万円の無心を断られたことで関係が悪化し稲葉を告発、稲葉の後ろ盾を失った男の少しでも刑を軽くしようとした行動でした。

7月10日に覚醒剤取締法違反で逮捕

男の告発を受け北海道警察薬物対策課は勤務中の稲葉圭昭を任意同行、尿検査にて陽性反応が出たため逮捕しました。 捜査協力者(のちに道警に稲葉を売る)が稲葉の銃対策課時代の上司を脅迫したことが覚醒剤を使うことになった原因でした。仕事を干され自暴自棄となった稲葉は覚醒剤を使用するようになったのです。 銃対策課のエースあり容易に拳銃を押収してきた稲葉への周囲の期待は高く、期待に応え続けるこのプレッシャーも稲葉と覚醒剤のつながりを強くしました。事件の裁判で稲葉自身も覚醒剤を使用していたことを認めています。