1分でわかる清原和博

清原和博とは

  • 甲子園で通算13本塁打の記録保持者
  • 西武・巨人で活躍しオリックスで引退
  • 薬物依存と戦いながらトライアウト監督就任

清原和博の経歴

清原和博といえば強豪PL学園で活躍した後、西武ライオンズや読売ジャイアンツなどで活躍し一世を風靡した偉大なるプロ野球選手です。 ところが2016年に覚醒剤取締法違反で逮捕され現在も薬物治療を行っていますが、ようやくトライアウトの監督を務めることになりました。そこで、プロ野球界で一時代を築いた清原和博の華麗なる経歴について紹介します。

大阪・岸和田で生まれ育ち小学生で野球を始める

清原和博は1967年7月に「だんじり」で有名な大阪府岸和田市に生まれました。電気店を経営する父親は大の阪神ファンでしたが、ほかの家族は巨人ファンであったため、次第に巨人を応援するようになります。 小学3年生ですでに身長155cmになっていた清原和博は、地元「岸和田リトルリーグ」に入団し本格的に野球を始めます。 抜群の野球センスを兼ね備えた清原和博は小学4年生でレギュラーとなりました。中学生になると「岸和田シニアリーグ」に移り、関西シニアで優勝を果たすなど注目を集める存在でした。

高校・PL学園で5季連続の甲子園出場やホームラン記録を作る

高校進学の際して清原和博は、大阪「PL学園」と奈良「天理高校」の間で悩み抜きます。しかし、最終的には1年生からレギュラーのチャンスがある「PL学園」を選びました。 PL学園入学当初はピッチャーを目指していた清原氏ですが、後にライバルとなる元巨人軍・桑田真澄の投球を間近で見てあっさりと断念してしまいます。 打者に専念する清原和博は、1年時から4番を任され5季連続で甲子園に出場します。その間、優勝2回、通算13本塁打など輝かしい記録を打ち立て甲子園のスターとなったのです。