悟空のきもちの戦略とマーケティング

(画像:写真AC

「悟空のきもち」は人気があるにも関わらず国内に4店舗しかありません。2008年開業しているので店舗をもう少し拡大してもいいのではないと思ってしまいますが、それこそが「悟空のきもち」の戦略なのです。 「悟空のきもち」の価値を高める、簡単にいうとブランド化・唯一無二の存在であり続けることなのです。そのために「悟空のきもち」が行っていることをみていきましょう。

数を売らず価値を高める

「悟空のきもち」は予約が取れない店として有名ですが店舗数を増やすという考えはありません。「悟空のきもち」には大量生産の意識は全くなく、ユーザーに目的を持って来店してもらうことを目指しています。 そのためには「絶頂睡眠」効果のあるヘッドマッサージの価値を高める必要があり、店舗を限ることで希少性とそこでしか受けられないという唯一無二感をアピールすることに成功しました。 ユーザーは「絶頂睡眠」を体感するため自ら目的を持って「悟空のきもち」に来店するようになるので遠方からでも足を運ぶのです。

徹底したブランディング

ブランディングとは何でもなかったものをブランド化することをいいますが「悟空のきもち」もヘッドマッサージをブランド化することに成功しています。 「悟空のきもち」は特徴である「絶頂睡眠」、開発商品の「熟睡用たわし」などを商標登録しました。そのことによって競合店が現れた場合でも同じようなネーミングを使用されることはなくオンリーワンであり続けることができます。 オンリーワンの商品や施術を数多く販売しないことで価値を高め「悟空のきもち」はブランド化されていったのです。

[関連記事]ブランディングに関する記事はこちらから

客を楽しませるスタンス

従来マッサージやスパは「癒し」をアピールするものが多く、日々の疲れやストレスから解放されるとして人気でした。 しかし「悟空のきもち」はマッサージ・スパを「癒し」からアミューズメントへと変えていきました。各店舗別にテーマ性を持たせテーマパークのような外観・内装にしマッサージを楽しめるものにしています。 また「眠りのジェットコースター」や「絶頂睡眠」など、「何だろう」と興味をそそるネーミングが多いのも「悟空のきもち」の特徴です。知りたいという知的好奇心があおられネーミングの意味を考えるだけでも楽しめます。