営業利益が約60%減の600億円に

代表取締役社長 片野坂 真哉氏は、2020年10月に公表した2020年3月期の通期連結予想を下方修正すると発表しました。 営業利益は約60%(57.1%)減の600億円に留まり、経常利益は580億円57.7%減、純利益71.3%減となりました。経常利益も71.3%減の580億円と大幅に下方修正し、売上も前回予想の2兆9000億円から5.7%減の1兆9700億円に下方修正しました。

新型コロナウイルス感染拡大による自粛が影響した形に

政府が今月2日に発出した緊急事態宣言により自粛ムードが広がり、外出を控える人が増えたことで観光客が激減してことや各国の入国規制が収益を悪化させました。 ANAの発表によると今年2月の国際線利用実績は前年同期比25.2%減の56万9,469人、アジア、オーストラリア行きの便は同期比38.4%減に留まっています。また、国内線旅客機も同期比5.4%減の276万6,666人となっています。

先行きが見えない航空業界

新型コロナウイルス感染拡大の終息が見えない中、航空業界の業況は悪化を続けており事実上の休業状態といえるほど航空機の需要は減っています。今年4月は前月よりも更に減便が予想されておりこの状況は来月も続きそうです。