犯人はジャカパン・トンマ容疑者は陸軍の兵士

銃乱射事件の犯人であるジャカパン・トンマ容疑者は陸軍の兵士です。タイには「タイ王国軍」と呼ばれる軍事組織が置かれており、下部組織として陸軍・海軍・空軍が設置されています。 軍人が銃乱射事件を起こしたということで、タイ国内で激震が走っています。トンマ容疑者は銃乱射で襲撃する様子をFacebookでライブ配信していたとのことです。 タイのプラユット首相は「犯人は金銭トラブルを抱えていた」と公表しています。ただ、詳細な動機はまだ明らかになっていません。

死者は20人を超える

一連の銃乱射事件での死者数は「20人」を超えたと報道されています。現地の報道によると、これまでに26人が死亡、50人以上がけがをしたとのことです。 ジャカパン・トンマ容疑者は、15時間にわたってショッピングモールの中に立てこもっていましたが、治安部隊との銃撃戦の末、9日朝に射殺されました。 トンマ容疑者は陸軍の基地から6丁の銃と大量の銃弾を盗み出して犯行に及んだとされています。

上官らを2名射殺

ジャカパン・トンマ容疑者は陸軍の上官2名を射殺しました。同じ陸軍の上官を殺害したということで、タイ軍の中でも衝撃が広がっています。 現役の兵士による大規模な銃乱射事件という点でも、タイ史上初めてのことです。警察や軍は関係者から事情を聴いて、犯人が銃乱射に至った動機、いきさつを詳しく調べていくとしています。