新型コロナの影響と受動喫煙対策で客足が伸び悩む

2020年4月1日に改正健康増進法が施行され、受動喫煙対策として商業施設での屋内喫煙が禁止になりました。店の利用客は喫煙者が多く、パチンコ店は打撃を受けています。 客足の伸び悩みに追い打ちをかけているのが新型コロナウイルスです。休業を要請されていることもあり利用客が減少中で、多くの店では要請を受けて休業に踏み切りました。

西村経済再生相はさらに強い措置を検討

西村康稔経済再生担当大臣は4月21日の記者会見で、営業を続ける店に対してさらに強い措置を検討していることを明らかにしました。 営業を続けている店に他県から人が集まるケースもあり、措置の強化について各都道府県の知事から相談を受けていると記者会見で述べています。措置を強化した場合、各県の知事が事業者名を公表できるようになります。

大阪府は自粛要請に応じないパチンコ店の公表を検討

大阪府は自粛要請に応じない店の公表を検討していることを明かしました。しかし施設名の公表は店側からすると、営業しているという情報を広められるため好都合の可能性があります。店のクラスター対策は十分とは言えず、大阪府は危機感を募らせています。