たたき台とは

たたき台とはどのような意味なのでしょう。その語源は何処から来ているのでしょうか。 我々は日々のビジネスシーンの現場で新しい企画を議論する場合などに、あまり意識せず頻繁にたたき台という言葉を使っています。 まずはたたき台の正しい意味とその語源や英語表現を見てみましょう。

たたき台の意味はもとになる素案

「たたき台」の意味は「これから議論を行うための素案」いわゆる「ラフな素案」のことです。 「たたき台」は最終案に対して用いられる言葉でビジネスシーンでは内容が十分に詰まっていない文書などを指します。このたたき台となる文書などに対して関係者が意見を出し合って内容がより完成度の高いものにブラッシュアップします。 「たたく」という言葉には「ぶつ」という意味とともに「質問する・打診する」という意味があります。

たたき台の語源

たたき台の語源は鍛冶屋にある熱い金属類をのせる台です。 鍛冶屋はこのたたき台に熱した柔らかい金属をのせ、金槌でたたいて目的の形に成形していきます。 たたき台の上の金属がたたかれて徐々に完成していくことになぞらえて、これから議論される企画案などをたたき台というようになったのです。

たたき台の英語はtentative plan

たたき台の一般的な英語表現は「tentative plan」です。 ・Make a tentative plan for discussion. (議論のたたき台を作る。) ・Draw up a tentative plan by tomorrow. (明日までにたたき台を作る。) たたき台の英語表現としては「tentative plan」の他に「chopping block」「draft proposal」「springboard for discussion」などがあります。