大沼の破産とその軌跡

2020年1月27日付けで、大沼は山形地裁に破産申請を行いました。大沼は古くから山形県にあった百貨店で、ピーク時には190億円を超える優良企業でした。そんな大沼が破産に追い込まれたことには、いくつかの理由があります。

郊外の大規模商業施設やインターネットの普及により経営悪化

記録によれば大沼の起源は江戸時代にまで遡ります。西暦1700年に設立されたことから、2020年で創業320周年となるはずでした。 大沼は1970年代前後まで順調に売り上げを伸ばしていました。売り上げがピークに達した1993年には約196億円の売り上げを誇ったほどです。ところが1990年代後半から他の大型店の進出によって徐々に低調となっていきました。 2000年代以後は郊外に大規模商業施設が進出したこと、インターネット上の通販が普及したことから、大幅な赤字に転じるようになりました。

MTMによる支援

大沼は2017年の2月期決算時点で4期連続の赤字を記録していました。この段階で大沼は自力の経営改善に見切りをつけ、投資ファンドのマイルストーンターンアラウンドマネジメント(MTM)から経営支援を受けることを決定しました。 MTMはこれまでにも老舗ゴルフクラブメーカーの本間ゴルフや百貨店のNanak(ななっく)、ヤマトヤシキの再建を行っています。 MTMは2018年に大沼に対して6億円の出資を行い、経営体制刷新を狙ってMTM社長の早瀬恵三を大沼社長へと就任させました。