約6万人が渡航予定の沖縄

新型コロナの感染拡大が懸念され自粛要請が出されている中、ゴールデンウイークを迎え外出を計画している人は多く、日本の夏のリゾート地沖縄には約6万人が渡航を予定していることが旅行会社の調べで分かりました。 沖縄の玉木デニー知事は、自身のツイッターなどで沖縄への来訪を控えてくれるよう呼びかけており、26日現在では約1万5千人までに減少したと発表しています。

ステイホームを呼びかける玉城デニー知事

インターネット上ではステイホームのハッシュタグ(#Stay home)で外出自粛を呼びかける気運が高まり、ゴールデンウイークの外出を控える人も増えています。 沖縄でも玉木デニー知事がステイホームを呼びかけており、今の沖縄は観光地も閉鎖しているところが多く、病院施設も不足していることから観光客を迎え入れる状況にないことを説明しました。

この期に及んで渡航する人とは?

感染拡大前に旅行チィケットを購入してしていた人はキャンセル料が掛かることを心配し渡航を強行する人も多くいるようですが、各旅行会社は柔軟な対応をしており航空会社ではキャンセル料を無料としているところが多いようです。ただ、宿泊施設の中にはキャンセル料を取るところも見られ対応は様々なようです。