confidentialの要点

  • 意味は「内密の」「信頼のおける」
  • 類義語は「secret」
  • 熟語は「confidential document」「confidential information」
  • 語源は「confide」

「confidential」の意味と語源

(画像:Unsplash

「confidential」という単語を聞いたことがありますか? 正しく理解しておかないと後に大きなトラブルに繋がりかねない、とても重要な意味を「confidential」は表しています。そのため、ビジネスマンなら絶対に知っておきたいビジネス用語です。 ここでは、「confidential」について例文を使いながら解説していきます。まずは、「confidential」の意味と語源を見てみましょう。

「confidential」の意味は「内密の」「信頼のおける」

「confidential」は「内密の」「信頼のおける」という意味です。 ビジネスの相手から「confidential」という言葉が出たら、情報の扱いに気をつけなければいけません。「外部に漏らしてはいけない」「ここだけの情報」という意味だからです。重要機密である可能性が高いので、トラブルにならないよう「confidential」な情報には慎重に対処しましょう。 名詞形では「confidentiality」となり、「機密性」「信頼が厚いこと」「守秘義務」という意味になります。

「confidential」の語源

「confidential」の語源は動詞の「confide」から来ています。 「confide」は「信用する」「信頼して秘密を話す」という意味で、「con」と「fide 」から成っています。「con」は「完全な」、「fide」は「信頼する」という意味を表します。 つまり、「confide」は「心から信頼する」「完全に信用する」という表現です。その形容詞である「confidential」は「心から信頼した」、つまり「信用している人にのみ打ち明けられた」という意味から「内密の」「秘密の」を指す言葉として使われるようになりました。