タクシー運転手が新型コロナウイルスに感染

ニュースの要点

  • 個人タクシー運転手の男性が新型コロナウイルスに感染
  • 中国人観光客の乗車歴あり
  • タクシーという密室での感染の危険性

タクシー運転手の男性は以前中国人客を乗せたことがある

タクシー運転手の男性が新型コロナウイルスに感染したことが発覚しました。 男性は以前中国人観光客を羽田空港で乗車させたことがあると話しており、はっきりとした感染経路は判明していませんが現状空港で乗車させた中国人観光客からの感染が有力な説であるとされています。

タクシーでは接触感染、空気感染、飛沫感染のリスクが高まる

タクシーは海外からの観光客や訪日外国人が多く使う交通手段の一つです。 タクシーの特性上、車内に触れずに乗降することは不可能である上金銭のやりとりが生まれるため必ず接触が生まれることになります。 また密室であることから他の公共交通機関と比べて飛沫感染や空気感染のリスクは一気に高まることとなり、タクシー会社各社やタクシー運転手は新型コロナウイルス対策が悩ましい問題となっています。

二次、三次感染へと拡大して行く恐れ

今後二次、三次感染へと感染が拡大して行く可能性は否めません。 中国人観光客が乗車した後に乗車した客や、運転手と接触した職場の人々などに関しても感染の可能性があると推測されます。 二次、三次感染対策のタクシー会社各社の対応や政府の水際対策が待たれます。