投資目的としてのフェラーリ

富裕層は高いマンション、高い車を所有しているケースが多いですが、これは単にお金持ちアピールがしたい、無駄遣いがしたい、というわけではありません。 フェラーリのような高級車は所有していれば価値が上がる、価値が上がらなくても売却したいときに売却すればそのままお金が戻ってくる、といったことがあります。

今まで大半の投資家が参入できなかった高級車投資

高級車には常に需要があり、なおかつ価値が高騰する可能性も高いです。しかし高級車投資には大きなデメリットがあります。それは保管やメンテナンスが難しいということです。 その結果、高級車投資が敬遠されることが多かったのです。せっかく価値の高騰した高級車であっても、保存状態が悪いと資産価値が大幅に下がります。 プロに依頼して保管することも可能ですが、自分が利用するのに不便すぎる、依頼するためのコストがかかる、といったデメリットがあります。 その結果、今まで大半の投資家が高級車投資に参入できなかったのです。

中国などの自動車所有の制限や所有コストの問題を解消

中国では大気汚染や交通渋滞の問題から、自動車の所有制限を行っていました。その結果生産台数が下がり、自動車の購入費用、所有コストなどが高くなっていました。 自動車は富裕層のみのもの、というのは少々大げさですが、日本のように気軽に自動車を所有できる状況ではなかったのです。 しかしここ数年自動車購入規制が緩和されており、所有コストも下がりました。その結果中国で自動車を保有している人口が右肩上がりに増加したのです。