1分でわかる湯口事件

湯口投手を追い詰めた常勝チームのきびしさ

  • 怪童と言われた少年の明るい未来と挫折
  • 当時の指導は正しかったのか・うつ病への理解
  • 未来のエースがのみ込まれたプロ野球界の闇

高校球界で活躍した湯口敏彦氏は、期待の選手として名門の巨人軍に入団しました。湯口敏彦氏の速球は高校生では打てない、と言われる程で、首脳陣からの期待も大きかったといいます。 真面目な湯口敏彦氏は熱心な練習を続けますが、なかなか結果が出せず首脳陣から叱責されることも多かったようです。 そんな事が続き精神的に病んでしまった野口敏彦氏は、精神科に入院。治療中に謎の死を遂げます。

湯口事件の概要

1970年のドラフト会議で巨人軍は将来有望な選手として、高校球界で活躍した湯口敏彦氏を1位指名で獲得しました。 将来を嘱望されていた彼は期待に応えようとしますが結果は芳しくなく、首脳陣から叱責されることが多かったといいます。 精神的に追い詰められた湯口敏彦氏は、精神科に入院。入院中に変死体で発見されます。将来を嘱望されていた彼が、何故死に至ったのでしょうか。

1973年に読売ジャイアンツの投手・湯口敏彦が急死した

1973年のドラフト会議。巨人軍は高校球界で活躍した湯口敏彦氏を指名しました。当時連覇を続けていた巨人軍は、即戦力の選手から成長重視の選手獲得に方針を切り替えていました。 首脳陣の期待が大きかった湯口敏彦氏は、賢明に練習を続けますがなかなか結果が出せず、激しい叱責と、時には鉄拳制裁を受けることもあったといいいます。 ファン感謝デーの紅白戦のことでした。ノックアウトされた湯口敏彦氏は、川上監督からも叱責されます。以降、ドンドンと精神的に追い込まれて行き、精神科を受診。2度の入院の後に急死してしまいます。

巨人は川上監督の発言などで批判された

湯口敏彦氏の急死は、大スキャンダルとして報道されました。特に週刊ポストはこれは自殺である、と断定し巨人軍への猛攻撃を始めます。 当時の巨人軍監督の川上哲治氏は、「巨人軍こそ大被害を受けた。大金をはたき、愛情を注いで育てたのに。せめてもの救いは、女性を乗せての交通事故でなかったことだ」と、発言したのです。 この発言で、巨人軍へのバッシングは更に強まっていきます。スポーツ紙は連日巨人軍へのバッシングを報道するようになります。