安倍首相がGWのオンライン帰省を呼び掛け

1分でわかるニュースの要点

  • 安倍首相がGWのオンライン帰省を呼びかけた
  • オンライン帰省はGWの人の移動を抑制するための提案
  • 人の接触を8割減らし緊急事態宣言を終わらすのが目標

GWの人の移動を避けたい政府

安倍首相は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、GWの人の移動を避け接触8割減を目指すと発表しました。 4月7日に緊急事態宣言が発令され、各方面に自粛要請が出されて2週間が経過した今、首相は「今が非常に大切な時期だ」と強調しています。政府は緊急事態宣言を早めに終わらせることができるよう、GWの国民の動きを意識している様子です。

オンライン飲み会などを参考に帰省もオンラインで

GWには多くの人の移動が懸念される中、政府は帰省する人々の動きを特に心配している様子です。地方の病院や診療所は、場所によっては新型コロナウイルス感染症に対する治療体制が整っていないところもあるので、政府は感染拡大を防ぎたいという想いがあると考えられます。 人と人の接触を避けるため、政府はオンライン飲み会などを参考にし、オンラインで帰省することを提案しました。

ZoomやSkype、LINEなどを使ったオンライン飲み会

新型コロナウイルスの流行以来、人々の中でZoomやSkype、LINEなどを使用する機会が増えています。このようなオンラインビデオアプリは、オンライン会議のようにビジネスの場面だけではなく、オンライン飲み会などの交流にも使われています。 人と人が距離を縮めて密接になるのを防ぐためにも、政府はオンラインビデオアプリを活用して、帰省にも活用しようと呼びかけています。