費用対効果とは

コスト

コスト(画像:Unsplash

ビジネスではコストを支払って設備投資・仕入れ・マーケティング・採用活動を行いますが、費用に見合ったリターンがなければコストを支払う意味がありません。 ここでは費用対効果の英語表現などを交えて、正しい意味を確認します。

費用対効果の意味は「広告等にかけた費用に対してどれほど効果があるか」

費用対効果とは「広告などにかけた費用に対してどれほどの効果があるか」という意味です。 営利活動ではあらゆる場面でコストをかけてさらなる利益獲得を目指し、コストに対して大きな利益が得られれば費用対効果は大きくなり、ビジネスとして正しい選択となります。 一方でビジネスでは確実に利益が得られる保証はなく、かけたコストよりも売上高が少なくなってしまうこともあり、この場合は赤字になってしまうため誤った選択となります。

費用対効果の英語は「cost performance」

「費用対効果」は英語に訳すと「cost performance」となり「コストパフォーマンス」と読みますが、日本語の「費用対効果」も英語の「cost performance」も意味は全く同じです。 英語の場合の類語表現に便益(Benefit)と費用(Cost)の頭文字をとって「B/C(ビー・バイ・シー)」という表現がありますが、こちらは公共事業について言う時に使います。 また、日本語の場合はまれに対費用効果、費用対効果比ということもあります。

費用対効果の使い方と例文

例文

例文(画像:Unsplash

営利目的で活動するビジネスではリターンが見込まれない部分にコストを掛けてしまうと、自社のキャッシュが無くなってしまいます。 ここで挙げる例文を通して費用対効果という言葉の使い方や、正しい判断のために必要な考え方を確認して下さい。