「お手数おかけしました」の正しい意味

(画像:Unsplash

「お手数おかけしました」は、相手に感謝と謝罪の気持ちを伝える表現です。 手数は作業、計らいなど何か他人がしてくれたことを示し、「〜してくれてありがとうございます」と感謝をする時に使います。 一方、自分がしたことで相手に負担をかけてしまったことを手数といい、「ご迷惑をかけて申し訳ありませんでした」という意味も持ちます。 「おかけしました」の「かける」は労力や時間を「費やす」ことを意味し、時間を割いてくれたことに感謝や謝罪を伝える表現です。 「この度は、お手数おかけしました。感謝申し上げます。」とビジネス上でよく使用されます。 尊敬語なので目上の人に対して使用することもできます。

「お手数おかけしました」の英語や類語

(画像:Unsplash

「お手数おかけしました」を英語ではどのように表現するでしょう。 訳し方によって大きく3つのパターンがあります。 その場の状況に応じて、英語での表現方法は変わるのでどちらも覚えておくと便利でしょう。

「お手数おかけしました」の英語は「 I apologize for the trouble」

(画像:Unsplash

まず、シンプルに謝罪の気持ちを表す直訳する方法があります。 "I apologize for the troble." の apologize(アポロジャイズ)は謝罪するという意味で堅い表現です。 trobleは困難、面倒を意味し「手数」を指しています。 「手数をかけたことを謝罪いたします。」という意味で、相手に対して迷惑をかけてしまった時、面倒な作業をしてくれた時に、感謝の気持ちを込めつつ謝罪表現として使いましょう。 "I am sorry for bothering you, but..." や "I am sorry for the troble." と言うこともできます。 botherは邪魔をする、介入するという意味です。「困難、面倒をかけてしまってすみません。」という意味ですね。trobleはbotherを使うよりもカジュアルな表現です。 また「時間をとっていただきありがとうございます。」という意味で、"Thank you for taking your time." や "Thank you for your time."ということができます。 実際に何かを手伝ってくれた場合に相手に感謝を伝える場合は、"Thank you for your help."と言えますね。

「お手数おかけしました」の類語は「お手を煩わせる」と「ご面倒おかけします」

(画像:Unsplash

「お手数おかけしました」の別の言い方も紹介しましょう。 「お手を煩わせて恐縮です」というと相手に面倒をかけてしまって申し訳ない気持ちをよりあわらすことができます。手紙など文面でも多く見られる表現ですね。 より直接的な表現なら「ご面倒をおかけいたします」と言います。お手数という言葉よりインフォーマルな印象です。 上司や目上の人に使うのであれば、「お手数おかけしました。」という方がよいでしょう。さらに「申し訳ございません」「ありがとうございます」と一言付け加えると、丁寧さが増します。