1分でわかる目黒女児虐待死事件

ニュースの要点

  • 2016年12月に香川県の児童相談所は女児を一時保護
  • 2017年に2度父親を傷害容疑で書類送検するも不起訴
  • 2018年3月女児が死亡し、両親を保護責任者遺棄致死罪で逮捕

目黒女児虐待死事件の概要

「目黒女児虐待死事件」は、2018年3月2日に発生しました。同日18時過ぎに5歳の女児が、衰弱した状態で救急搬送されたことで発覚したのです。残念ながら女児は翌日死亡してしまいました。

船戸結愛ちゃんが義理の父親の船戸雄大に虐待された

「目黒女児虐待死事件」の被害者の名前は、船戸結愛(ゆあ)ちゃんといいます。結愛ちゃんの母親である優里被告が、2016年に船戸雄大被告と再婚し香川県善通寺市で同居を始めました。 そして、船戸雄大被告による結愛ちゃんへの虐待が始まります。同年8月には近隣住民から児童相談所へ通報があり、虐待は認知されていました。 2018年1月に船戸一家が東京に転居した際には、香川県の児童相談所から管轄である品川相談所への案件移管も行われていたのです。

児童相談所により保護、指導など受けていた

2016年9月に、船戸夫婦の間に長男が誕生しています。しかし結愛ちゃんへの虐待が治まる気配はなく、同年12月に児童相談所が一時保護に踏み切りました。 2017年2月に一時保護は解除されたものの、3月には再び一時保護を受けます。しかし同年7月には両親に対する指導措置をつけるという条件で、一時保護を解除しました。 同年8月に結愛ちゃんは医療センターに搬送され「パパにやられた」と訴えたものの、優里被告が否定したため再び保護されることはありませんでした。