新天皇即位に伴う令和の「恩赦」

2019年5月1日、新天皇である令和天皇が即位しました。10月22日には「即位礼正殿の儀の行われる日」が行われます。 新天皇の即位にあたって、令和の「恩赦」が実施される予定です。約55万人~60万人が恩赦の対象になると言われています。まずは、令和の恩赦についてその対象やメインの恩赦の種類、さらには恩赦を出願している人について解説して行きます。

約55万人から60万人が恩赦で釈放される予定

令和の恩赦では約55万人から60万人が対象となる予定です。しかし、その対象者はまだ明確には決まっていません。自民党の総務会で話し合われ、その後閣議で決定されます。2019年10月18日に恩赦の対象を話し合うための閣議が行われる予定です。 恩赦が実施されれば、当時の皇太子様と雅子様の結婚以来26年ぶりの恩赦となります。

殺人など重い犯罪を犯した人は対象外とする方針

今回の天皇即位に伴う恩赦の対象はまだ決まってはいないものの、殺人などの重い犯罪を犯した人には恩赦をくださないという方針が発表されています。 後述しますが、恩赦には批判の声も上がっています。過去には殺人犯が死刑を免れたケースもありますが、多くは被害者やその遺族に配慮し令和の恩赦では軽犯罪を犯した人のみが対象となるようです。

復権などがメインとなる予定

恩赦の内容としては、失った権利を再び与える「復権」のみになる予定です。 罰金刑が下されてから3年以上経過した人を対象に再度権利や資格を与えるとのことが発表されています。被害者がいないスピード違反や飲酒運転など交通違反者が恩赦を受けることができると考えられます。