トランプ大統領が資金捻出停止を表明

14日に開かれた記者会見で米ドナルド トランプ大統領は、WHO(世界保健機関)への資金捻出停止を表明しました。ドナルド トランプ大統領はWHOの新型コロナウイルスへの対応が本来の役割を果たしていないと指摘し、中国に忖度したことで感染が拡大したと批判しました。 これに対し国際連盟のアントニオ グテーレス事務総長は「ウイルスとの戦いの最中に人道支援機関の予算拠出を停止すべきでない」と非難しています。

WHOの対応に不信感を抱いていたトランプ大統領

ドナルド トランプ大統領は7日の会見でもWHOの新型コロナウイルス感染への対応を批判しており、WHOは米国が行おうとした中国との渡航制限に反対し、同機関が中国寄りの対応を取ったことによって米国内の感染が広がったと批判しました。 また、WHOが嘘の情報を発信していることで対応が遅れたとも述べ、中国とWHOとの関係に不信感を示しました。

世界で最も資金捻出を行なっていたアメリカ

WHOは2020年∼2021年の予算を約48億5000万ドルと見込んでいましたが、米国の拠出金停止によって今後の活動に大きな打撃となりそうです。 WHOの拠出金には分担金と任意拠出金の2種類があり、任意拠出金は貢献度を表す指標で米国は2018年∼2019年の2年間にWHOの予算56億2000万ドルの約15%に当たる5億5310万ドルを捻出する世界最大の貢献国です。