フィードバックの要点

  • 意味 「成果物の良い点や悪い点について指摘すること」
  • 使用例 「人事考課の効率化のために毎月フィードバックを実施するように管理職員に指示をした。」
  • 受け手の注意点 「真摯に受け止める」・「感謝する」
  • する側の注意点 「相手のモチベーションが低下しないように配慮する」

フィードバックとは

フィードバックの様子(画像:Unsplash

「フィードバック」は社内外問わずあらゆる関係者から行われたり求められることがあり、ビジネスシーンでは欠かせないコミュニケーションの一つです。 自分自身の成長や周囲の人への正しいフィードバックのために、言葉の意味や語源からその目的を今一度ここで確認して下さい。

フィードバックの意味は「成果物に対する良い点や悪い点を指摘すること」

「フィードバック」とは「成果物の良い点や悪い点について指摘すること」で、ポイントは客観的な指摘を心がけることです。 良い点を褒めるだけでは今まで出来ていなかった事が見えず、次同じ仕事をした場合に不必要なミスをしてしまう可能性があります。 また悪い点を指摘するだけでは、受け手は今出来ている事も本当は違うのではないかと迷ってしまう可能性もあります。 正しい「フィードバック」では成果を客観的に評価し、継続してスキルアップすることと改善すべきことを相手にわかりやすく伝え、実行してもらうように心がける必要があります。

フィードバックは「feedback」という英語の訳

feedbackという英単語には反応・意見・帰還など様々な意味がありますが、どの意味も「行なったことに対する何かの反応」であることがイメージできると思います。 この記事でご紹介するフィードバックの意味はビジネスシーンで使われる意味ですが、指摘を受ける人の仕事の成果に対して栄養(成長の糧)を伝える(≒返す)とイメージするとわかりやすいと思います。 成長の糧になる意見を伝える行為であるため、成果物・技術・能力に対する良い点と悪い点の両面を評価する客観性が必要になることが窺えます。