フィードバックの意味や具体例・仕方・され方などを紹介します!

ビジネス用語

2019年3月4日

フォードバックという言葉を聞いたことはありますか。フィードバックという言葉の意味や使い方を完璧に理解している人は、ビジネスにおいても仕事をスムーズに進めることができます。この機会にフィードバックの意味や使い方をしっかりと理解しておきましょう。

フィードバックの要点

  • 意味 「成果物の良い点や悪い点について指摘すること」
  • 使用例 「人事考課の効率化のために毎月フィードバックを実施するように管理職員に指示をした。」
  • 受け手の注意点 「真摯に受け止める」・「感謝する」
  • する側の注意点 「相手のモチベーションが低下しないように配慮する」

フィードバックとは

フィードバックの様子

「フィードバック」は社内外問わずあらゆる関係者から行われたり求められることがあり、ビジネスシーンでは欠かせないコミュニケーションの一つです。 自分自身の成長や周囲の人への正しいフィードバックのために、言葉の意味や語源からその目的を今一度ここで確認して下さい。

フィードバックの意味は「成果物に対する良い点や悪い点を指摘すること」

「フィードバック」とは「成果物の良い点や悪い点について指摘すること」で、ポイントは客観的な指摘を心がけることです。 良い点を褒めるだけでは今まで出来ていなかった事が見えず、次同じ仕事をした場合に不必要なミスをしてしまう可能性があります。 また悪い点を指摘するだけでは、受け手は今出来ている事も本当は違うのではないかと迷ってしまう可能性もあります。 正しい「フィードバック」では成果を客観的に評価し、継続してスキルアップすることと改善すべきことを相手にわかりやすく伝え、実行してもらうように心がける必要があります。

フィードバックは「feedback」という英語の訳

feedbackという英単語には反応・意見・帰還など様々な意味がありますが、どの意味も「行なったことに対する何かの反応」であることがイメージできると思います。 この記事でご紹介するフィードバックの意味はビジネスシーンで使われる意味ですが、指摘を受ける人の仕事の成果に対して栄養(成長の糧)を伝える(≒返す)とイメージするとわかりやすいと思います。 成長の糧になる意見を伝える行為であるため、成果物・技術・能力に対する良い点と悪い点の両面を評価する客観性が必要になることが窺えます。

フィードバックの使い方と具体例

インスピレーション

フィードバックは受け手の苦手の克服と更なるスキルアップを促し、より質の高い仕事をしてもらうためのコミュニケーションです。 受け手が最短距離で成長し自信をつけてもらうためにも、言葉の使い方と具体例を確認して正しいフィードバックができるようにして下さい。

フィードバックの使い方

まずフィードバックという言葉の使い方を見てみます。

使い方

  • 人事考課の効率化のために毎月フィードバックを実施するように管理職員に指示をした。

フィードバックという時は事前に受け手の成果や仕事ぶりに対する客観的な分析が必要です。 そのため単なる情報提供や受け手の評価・分析を行わなくてもできるアドバイスと意味は異なりますし、強制力のある指示や命令は受け手の成長は関係ないので全く異なる概念になります。

フィードバックの具体例

次は部下に対するフィードバックの場面を想定して、下記のケースのフィードバックを見てみます。

具体例

  • あなたは営業部の管理職をしており、改善のための努力はしているものの受注件数が伸び悩んでいる部下から相談を受けた。

フィードバックのポイントは受け手の良い点と改善すべき点の両面を指摘することです。 このケースの場合は日頃の改善に向けた努力は褒め、伸び悩む原因を話し合いの中で一緒に特定していき、明らかになった原因について改善方法を提供するか、成績の良い先輩や同僚にヒアリングするように促すといったフィードバックが考えられます。

フィードバックを受ける時に気をつけること

注意点

フィードバックの場面ではフィードバックをする人がどんなに配慮しても、受け取る側の姿勢が伴っていなければせっかくの成長の機会を逃してしまうことにもなります。 ここでは「真摯に受け止める」・「感謝する」という2つの点に着目してフィードバックを受ける際に気をつけることをご紹介します。

真摯に受け止める

フィードバックをしてくれる人は仕事に対する取り組み方やその成果を、以前と比較して何ができるようになり、何が出来ていないかをあなたに伝えます。 出来ていることやスキルアップしている点については評価を受けていて嬉しいですが、出来ていない部分はあなた自身も気づいている苦手分野で改善を先延ばしにしていたり、得意だと思っていたことでも会社で求められているレベルに達していないと指摘を受けるかもしれません。 反論したくなる事もありますが、まずはその意見を真摯に受け止めて、求められている成果を生み出すために今後何をすべきかを考える姿勢が必要になります。

感謝する

評価者はそのフィードバックのために大切な業務時間を使ってあなたの仕事ぶりを分析・評価を下し、社内でのさらなる活躍やスキル・キャリアアップのために必要な意見を伝えてくれます。 自分自身が気付いている長所・短所の他に、まだ気付いていないことについても指摘をしてくれたり、さらなる成長のために今後必要な考え方やスキルについて意見をしてくれることもあります。 それらの意見はすべてあなたへの期待を込めたもので、あなた自身の成長の糧になる意見ですので、感謝の気持ちを持ってそのフィードバックに向き合いましょう。

フィードバックをする時に気をつけること

気をつけること

フィードバックをする場合改善点は相手にとっては傷ついたり耳の痛いことなので、相手のモチベーションが低下しないように配慮が必要になります。 ここでは注意すべき「強く言い過ぎない」・「きちんと褒めるところは褒める」・「わかりやすく丁寧にフィードバックする」という3点について説明します。

強く言い過ぎない

フィードバックをする時は相手の仕事ぶりに対して欠点を探してそれを指摘することに集中してしまいがちです。 もちろん出来ていない事は同じミスをしないように促したり、会社で求められているレベルに達していないということはハッキリと相手に認識して貰う必要があります。 これから身につけることで改善できることを理解してもらい、そのために必要な努力をしてもらうように相手に促しましょう。

きちんと褒めるところは褒める

この記事の冒頭でも説明したとおり、フィードバックは客観的に良い点・悪い点を伝えることです。 このことを意識していないとフィードバックをする時に相手のできていない点だけを伝えてしまいがちです。 正しいフィードバックでは今何ができているのかもはっきりと伝えて、褒めてあげることで、できていることを継続して続けるようになったり、よりレベルの高い仕事ができるようになります。

わかりやすく丁寧にフィードバックする

フィードバックする際は何が良くて何を改善すべきなのかを相手にわかりやすく伝える必要があります。 良い点について何が良かったのか、そこに見られる努力など結果に現れない部分も合わせて伝え、更にスキルアップして活躍してもらうために今後も継続してもらうようにも伝えると良いです。 改善点もなぜ改善する必要があるのか、改善するために何をすべきかを伝えたり一緒に考えて、具体的なアクションに繋がるようにすると次回のフィードバック時に改善している可能性が高まります。

まとめ

まとめ

フィードバックは成果物に対して良い点と悪い点を評価し、受け手の成長のために行うことです。 受け手の何が良かったのか、更なる成長のためにはどこを改善したほうがいいのかをはっきりと伝え、その実行につなげていく必要があります。 そのためフィードバックをする人は客観的に成果を分析して、良い点と改善すべき点をわかりやすく伝え、受け手の成長へのモチベーションにつなげていくように配慮しましょう。 受け手も自分にとって耳の痛いことでも、自分の成長のためにフィードバックをしてくれていることに感謝し、真摯に受け止めるように心がけましょう。


関連記事