東日本大震災の現在と過去

東日本大震災からの復興は

  • 国内観測史上最大規模の地震
  • 前代未聞の原発事故も
  • 復興には長期間も

東北を襲った震度7

東日本大震災は2011年3月11日に三陸沖を震源としたマグニチュード9.0という国内観測史上最大規模の地震で、揺れの大きさを示す深度では最大7を観測しています。この地震により巨大津波が太平洋岸を襲い大きな被害をもたらしました。 1万9,000人近い死者・行方不明者を出し、被害規模は政府の試算では16兆~25兆円とされています。

マグニチュード9.0は過去最悪

東日本大震災の規模は国内観測史上最大のマグニチュード9.0とされ、世界でも4番目という過去最悪の地震となりました。 この大震災によって高さ10メートルを超える巨大な津波が岩手、宮城、福島の3県などの太平洋沿岸部を襲いました。津波の高さは痕跡から岩手県大船渡市で16.7mが確認されています。 津波が陸をさかのぼる遡上高では国内観測史上最大となる40.5mを観測し、その浸水面積は約535㎢と東京の山手線内側の面積の約8.5倍に及びました。

津波で多くの死者を出した

大津波は多くの死者・行方不明者を出し、住宅やインフラなどにも大きな被害をもたらしました。 2019年12月10日現在では災害関連死含む死者・行方不明者は1万8,428人(警察庁調べ)で関東大震災の約10万5,000人に次ぐものとなりました。死者は宮城県の9,543人が最も多く、次いで岩手県4,675人、福島県1,614人などとなっています。 また住宅被害も12万1,995戸に上り、政府の試算では家屋、産業、インフラなどの被害規模は16兆~25兆円とされています。