三越事件とは

1982年に起こり今や風化しつつある「三越事件」ですが、日産のゴーン事件を切っ掛けに改めて思い起こされる事件でもあります。 この事件をモデルにして映画や小説も作られました。岡田茂(おかだしげる)と竹久みち(たけひさみち)の男女関係や劇的な社長解任劇は当時マスコミを大いに騒がせました。

岡田茂による三越の独裁的な経営により起きた事件

「三越事件」は当時社長だった岡田茂による独裁的経営によって、我が国を代表する老舗百貨店である三越百貨店が私物化された特別背任事件です。 岡田は社長に就任するや自分に批判的な人物を次々と遠ざけ、早々と独裁体制を敷きます。不明瞭な経理処理によって会社を私物化し、会社に大きな損失を与えます。岡田と愛人関係あった竹久みちも三越内で存在感を強め「三越の女帝」とまでいわれるようになりました。 「三越事件」はやがて劇的な社長解任劇で幕を閉じますが、会社のガバナンス体制の重要性を改めて世に示しました。

三越事件の概要

正に映画や小説に取り上げられる要素が多かった「三越事件」ですが、改めて事件の全体像を見ていきましょう。 主な登場人物は社長の岡田茂とその愛人竹久みちです。事件を最初にあぶり出したのは、1982年4月に出された週刊朝日の「三越・岡田社長と女帝の暗部」という記事でした。

三越社内での独裁経営。岡田天皇と呼ばれる

岡田は1972年に三越の社長に就任します。岡田は社長に就任するや自分に批判的な都合の悪い人物を次々と左遷させ、やがて岡田天皇と呼ばれる独裁体制を確立します。 当時岡田の最大のライバルと目されていたのは常務の坂倉芳明(いたくらよしあき)氏でした。岡田はこの坂倉氏を追放します。追放された板倉氏は「西部流通グループ」を率いていた堤清二(つつみせいじ)氏の誘いを受けて西武百貨店の副社長に就任しました。 独裁体制を敷いた岡田は取引業者への不当な協賛金の要求や押しつけ販売に加えて不明瞭な経理処理を行い、次第に会社を私物化していきました。