首相の後援会主催の桜を見る会前夜祭

桜を見る会前夜祭とは安倍晋三議員の後援会が幹事となって開催する情報交換会です。野党が追求する「桜を見る会」の前日に開催されていることから不正探しに躍起になっています。 しかし「桜を見る会前夜祭」は「桜を見る会」とは別物です。 「桜を見る会」の主催者は内閣総理大臣ですが「桜を見る会前夜祭」は安倍首相ではなく安倍晋三議員の後援会です。 つまり、同じ安倍晋三氏の主催であっても前者は内閣総理大臣、後者は安倍晋三議員の主催となり色合いが異なることになります。

ホテルニューオータニが会場

問題の「桜を見る会前夜祭」はホテルニューオータニで開催されています。出席者は約800人程度とアナウンスされていますが実数は不明です。 参加者は安倍晋三議員の後援会が主催ですから地元の支援者らが中心となります。ホテルニューオータニといえば、東京都千代田区にある日本庭園で有名なラグジュアリーホテルです。 日本国内だけでなく世界各国からVIPクラスの来賓が利用するホテルであり、当然一流シェフが腕を奮っています。

会費5000円は正当か?

「桜を見る会前夜祭」は立食形式のビュッフェが振る舞われました。 野党議員の指摘は会費が5,000円であったこと、参加人数が不透明であった点です。 つまり一流ホテルのビュッフェが5,000円では採算が合わないとの主張を繰り返しています。果たして会費5,000円は正当だったのでしょうか。