宇都宮の軽傷者を受け入れホテルで火災

栃木県宇都宮市のホテルで5月5日の午後11時ごろ火災が発生しました。このホテルは新型コロナウィルスの軽症者を受け入れ、5日から4人が宿泊していました。 火災は男性従業員が発見しすぐに消火活動を行い、約0.25平方メートル焼けましたが負傷者はいませんでした。

放火の可能性も

火災が起きた場所はホテルの屋外に廃材が置かれていた場所だったことや外部から出入りできることから、警察は放火の可能性もあるとして調査を進めています。 このホテルは新型コロナウィルス軽症者のために111室の客室を確保し、4人の軽症者が宿泊療養をしていました。

医療崩壊を避けるためにホテルでの受け入れが始まったコロナ患者

医療崩壊を避ける手段のひとつとして軽症者は病院に入院するのではなく、自宅やホテルに隔離する取り組みが全国各地で始まりました。受け入れるホテル側のメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。