医療従事者への感謝を示したブルーインパルス

ブルーインパルスは航空自衛隊の精鋭で構成されたアクロバット飛行チームです。普段は広報活動が主な任務ですが、コロナ禍に携わる医療従事者へ敬意と感謝を示すため、5月29日に特別に東京上空で編隊飛行が披露されました。 日本の玄関口に当たる東京上空は通常、飛行経路が過密状態で編隊飛行は不可能です。皮肉にもコロナ禍で各航空会社が減便しているからこそ、異例の編隊飛行が実現しました。

好評だった1回目の飛行

ブルーインパルスは5月29日午後12時40分から13時ごろまでの約20分間、東京上空で編隊飛行を行いました。見物人の過密を防ぐため、防衛省が飛行時間と経路を公開したのは当日でした。 飛行実施時間には青空が広がり、ブルーインパルスの勇姿が多くの人に目撃されました。TwitterなどのSNSでは写真が拡散され、非常に好意的に受け止められています。

河野太郎氏の指示で行われた飛行

ブルーインパルスの東京飛行は、当初発案者が伏せられていました。しかし自衛隊を動員したことに一部で批判の声が上がっており、河野太郎防衛相は6月2日の記者会見で自分の案だったと明かした上で、実施にかかった費用についても公開しました。