新型コロナウイルスの影響で各企業が導入を検討しているテレワーク

1分でわかるニュースの要点

  • テレワークは在宅や事業所外で勤務するワークスタイル
  • 働き方改革で導入期待されるもコスト等の問題あり
  • 新型コロナの影響でテレワーク導入の促進が加速

テレワークとは

「テレワーク」とはいったい何を指しているのでしょうか。実は「テレワーク」の種類、形態には様々なスタイルが存在しています。 これらのスタイルを確認しつつ、「テレワーク」の意義や問題点について確認しておきましょう。

テレビ電話などを使用しオンライン上で仕事をすること

「テレワーク」とは情報通信技術を活用した働き方の総称です。 テレビ電話などの情報通信技術を用いて、自宅や自宅に近い事業所など、通常の事業所から離れたところで働くことを指します。つまり、在宅勤務もサテライトオフィスもテレワークの一種です。 育児や介護をしている人やケガをしたなどの理由で通勤が困難な人はテレワークに適しているといわれています。

新型コロナウイルス対策のみなず働き方改革としても注目

テレワークは必然的に人との接触を避けることにつながるため、新型コロナウイルスなど感染症対策に効果的であるといわれています。 それだけではなく、テレワークは働き方改革の観点からも注目を集めています。長い時間をかけて通勤するよりも、自宅に近いところで勤務したほうが時間を有効活用することができます。 ワークライフバランスの推進や企業の生産性向上、女性の社会進出の観点から、テレワークを積極的に活用することが期待されています。