ノースハリウッド銀行強盗事件の概要

事件はまるでハリウッド映画か戦場を思わせるような激しい銃撃戦でした。犯人はどのような装備で銀行に押し入り、これに対抗する警察の装備はどのようなものだったのでしょうか。早速事件の経緯を見てみましょう。

バンク・オブ・アメリカのノースハリウッド支店に強盗が押し入る

事件の舞台となったのは米国カリフォルニア州ノースハリウッドにあるバンク・オブ・アメリカの支店でした。 この銀行が狙われたのは犯人が逃走時に使おうとしたハイウェイの入り口が近かったことと、通報後警察が駆けつけるまで8分程度の余裕があると犯人が判断したからでした。 44分間にわたって犯人と警察で激しい銃撃戦が展開されました。なんと発射された銃弾は2,000発以上だったとされています。銃撃戦の規模としてはアメリカ最大級の銀行強盗事件で、事件は一部始終テレビで生中継されました。

犯人は二人組の男

事件の犯人は二人組の男でした。事件が起こったのは1997年2月でしたが、二人が出会ったのは1989年でした。ロサンゼルスのジムで出会い意気投合しました。 二人はこの事件の前にも大量の武器・弾薬を購入して何度も銀行強盗に成功していました。 結果犯人は約16億円もの資金を得ており、この資金がノースハリウッド銀行強盗事件で使われた強力で豊富な武器・弾薬と防御装備の購入に充てられました。