2019年に入り大きく売り上げが減少

2013年のオープン以来大躍進をとげてきたいきなりステーキは2019年に入り大きく売り上げを減少させ、危機的ともいわれています。 店舗を倍々に増やし続け、2017年の株価は一時期8,000円代の高値をつけて10倍にも跳ね上がっていましたが、2018年の4月以降は売上高の前年割れが続いています。 さらに2019年10月は前年同月比41.4%減の売り上げとなり、従来の今年度黒字予想から一転して25億円の大幅赤字予想を発表しました。

年末年始に大量閉店

いきなりステーキは高品質の厚切りステーキをファストフード感覚で手軽に食べられる新業態として、グラム単位で量り売りする独自のオーダーカットシステムや立ち食いスタイルが話題を呼び売り上げを伸ばしてきました。 しかしブームに乗って同業他社が増えたことで斬新さがなくなり顧客が飽きてしまったこと、ペッパーフードサービスの対応のずさんさが浮彫りになり大量閉店を余儀なくされています。 2019年4月にオープンしたばかりの浜松三島店やテコ入れをして生牡蠣を販売した虎ノ門店、銀座六丁目店などを含み年末年始にかけて44店の閉店を決定しています。

いきなりステーキ社長・一瀬邦夫に問題か?

「いきなりステーキは回転寿司のように日本の食文化をつくる。」と自信を持っていた一瀬邦夫社長はワンマン経営ではないかと度々物議を醸しています。 店頭に等身大サイズの写真を掲げ、CMやYouTubeに自ら出演する一瀬邦夫社長の行動に問題はないのか詳しくみていきます。