「otherwise」の品詞と意味

(画像:Unsplash

まずは「otherwise」という単語の品詞と意味について解説します。この単語は品詞が複数あり、意味や使い方が少し難しいですがその品詞と意味を丁寧に確認することでより理解しやすくなります。 ビジネスだけでなく日常会話でも使われる単語ですが、今回は特にビジネスシーンでどのように使うかを解説していきます。

「otherwise」の品詞は副詞

「otherwise」の品詞は基本的には副詞ですが、形容詞や接続詞としても使用します。それぞれの品詞は以下のような役割を持ちます。 ・副詞 動詞や形容詞などの「名詞以外のものを修飾」 ・形容詞 「名詞を修飾」 ・接続詞 文章を繋ぐ 「otherwise」は文脈によってこの3つの役割を持つため、使い分けが必要です。

「otherwise」の意味は「さもないと」「それ以外は」

「otherwise」は品詞によって以下のような意味があります。 ・副詞 「さもないと」「それ以外は」「別の方法で」 ・形容詞 「(~とは)異なって」 ・接続詞 「そうでなければ」「さもないと」 副詞の「さもないと」は接続詞と同じような意味で使われることがありますが、文章の構成によって品詞の役割が異なり注意が必要です。全体的な意味としては「~しないと、~(主に悪い結果)になる」というとき等に使用されます。

「otherwise」の例文

(画像:Unsplash

これから「otherwise」を使用した例文を2つ紹介します。内容はビジネスシーンで使われそうなものです。 ポイントは、文章のどの位置に「otherwise」があるかです。品詞を使い分けるポイントになる為、是非この例文で基本的な使い方を確認して実際のビジネスシーンで活用してください。