アル・ゴアはアメリカの元副大統領

アル・ゴア氏はビル・クリントン政権下で1993年~2000年の間、二期8年間にわたって第45代アメリカ副大統領の任務を全うしています。 副大統領在任中は官僚機構の縮小化に尽力したほか、インターネットの発展や後に自身が出演する映画「不都合な真実」のテーマとなる環境問題などに積極的に取り組み、高い評価を得ています。

アル・ゴアの経歴

アル・ゴア氏は民主党上院議員の父の下に生まれ、ハーバード大学では政治学を選考し紆余曲折の末、1976年テネシー州の選挙区から下院議員に立候補し当選します。 1984年には上院議員となり1988年に大統領選に立候補するも予備選で敗退し、その後も何度か大統領になるチャンスはあったもののその願いは叶いませんでした。

ハーバード大学を卒業

アル・ゴア氏は1965年に名門ハーバード大学に入学し、民主党上院議員であった父の影響から政治学を学びハーバード・カレッジを取得します。 ハーバード大学といえば合格率6%の超難関校であり、その中でも政治学は非常に人気が高いことで有名です。アル・ゴア氏はそこで徹底的に政治を学び政治家としての基盤を築くのです。 ちなみに、この頃ルーム・メイトだったのが、映画「MIB」や缶コーヒーのCMで有名なトミー・リー・ジョーンズ氏です。第30回東京国際映画祭(2017年)では久々の再開を喜ぶ二人の姿がありました。

ヴァンダービルト大学のロースクールに行くも中退

ハーバード大学卒業後、アル・ゴア氏はヴァンダービルト大学のロースクールに進学(1974年)しますが1976年には退学してしまいます。 なお、ロースクールとは日本では大学院にあたるものですが、アメリカ合衆国では法曹養成を目的とした高度な法学教育機関として位置づけられています。 この時アル・ゴア氏は既に結婚して子供もいましたが、政治家としての道を模索している時期でもありました。タイミングよく下院議員選挙が行われたことからロースクールは退学し出馬したのです。