「馬耳東風」の要点

  • 意味:「他人の意見や批評を聞き流す」
  • 由来:「中国唐の時代の詩人「李白」が書いた『答王十二寒夜独有懐』という詩」
  • 例文:「彼はどんな意見も聞き入れない、馬耳東風だ。」
  • 類語:「犬に論語」「柳に風」「糠に釘」
  • 英語:「talking to a wall」

馬耳東風(ばじとうふう)の意味は「他人の意見や批評を聞き流すこと」

「馬耳東風」という言葉は聞いた事がある方はたくさんいると思いますが、正しい意味を理解できているでしょうか。 まずは読み方ですが「ばじとうふう」と読みます。「馬耳東風」とは「他人の意見や批評を聞き流す」という意味です。 読み方については日常的によく使われる漢字の音読みを合わせれば簡単に読むことが出来ます。一方で意味については、使われている漢字からは意味がイメージできないので、意味の由来になっている故事を知る必要があります。

馬耳東風の由来は中国の詩人、李白の詩

先述の通り「馬耳東風」の意味は、意味の由来になっている故事を知らなければわかりません。 「馬耳東風」の由来は、中国等の時代の詩人「李白」が書いた『答王十二寒夜独有懐』という詩にあります。その詩は「世人聞此皆掉頭、有如東風射馬耳」というものです。 ここで言われている「馬耳」とは「馬の耳」のことで、「東風」とは「東から吹く温かい春風」という意味です。馬は自分の耳を温かい春風が吹いても全く意に介さないことからのアナロジーで「何を言われても聞き入れない」ということが意味されるようになりました。

馬耳東風の使い方と例文

「馬耳東風」は「他人の意見や批評を聞き流すこと」という意味でしたが、李白が書いた詩からの内容を思い出せばこの意味を忘れづらくなります。 次は上記の意味を踏まえて、2つの例文をを読んでみましょう。例文の意味が通るか確認しながら読み進めてみてください。