清廉(せいれん)とは

清廉

清廉(画像:Unsplash

「清廉」は、あまり日常的に使われる言葉ではありません。しかし、口語的ではないにしろ文章中ではしばしば見受けられる単語です。 「清廉」の正しい読み方や意味を改めて確認しておくことで、勘違いしたり間違えてしまったりしたままにならないようにしましょう。

清廉の読み方は(せいれん)

「清廉」の読み方は「せいれん」です。 「清」という字は難しくないため、読み方に迷うこともないでしょう。「廉」は少し読み方が難しいので、「れん」と読むということを意識しておいてください。 「兼」という字が入っていますが、「けん」と読まないように注意しましょう。「廉」は「清廉」の他にも、安く売ることを意味する「廉価」(れんか)といった単語でも使われます。

清廉の意味は「心に汚れがなく綺麗」

「清廉」は、「心が汚れがなく綺麗であること」という意味です。 「心がまっさらで私欲がない」という意味があるのが「清廉」という言葉です。私欲というのは、自分のためだけに何かをしたいと考える心を意味します。 このことからもわかる通り、「清廉」は心が美しく、凛としてお、澄み切っているということを意味しています。我欲のために行動するということとは正反対であると考えるべきでしょう。

清廉(せいれん)の使い方と例文

清廉

清廉(画像:Unsplash

「清廉」は使い方が難しい言葉です。そのため、例文を通して使い方をおさえておきましょう。 「清廉」という言葉を単体で使う時に、すぐにイメージが湧くという人はあまりいないでしょう。これを機に、「清廉」が主にどのような使われ方をするのかを知って口語でも文章でも使いこなせるようにしてください。