1分でわかる大島てる

大島てるとは

  • 不動産業を営む会社が立ち上げる
  • 事故物件の情報が記載されている
  • 事故物件の告知が問題になっている

大島てるとは?

物件を借りる際に非常に便利なのが「大島てる」です。事故物件の場所が一目でわかるため、不動産業者に告知されなくてもミスを犯す可能性が低くなります。 インターネットの発達によって、これまで明るみに出てこなかった情報が簡単に知られるようになりました。運営者の画期的なアイデアは今も多く人々の助けになっています。

【関連記事】売上好調な富士そばの解説記事はこちら

運営者の実家が不動産業を営んでおり、そこから大島てるの着想を得た

大島てるは1837年創業の老舗企業でした。創業時は不動産業ではなく、まったく別の事業を行っていました。不動産業に入ったのは先々代の会長の時です。 現会長はコロンビア大学に入学するほどの優等生で、先代から会社を引き継いだ際にサイト運営を始めます。実家が不動産業だったこともあり、その時の経験が大島てるの発想に繋がりました。 2005年にサイトを立ち上げて以降、ニュースや週刊誌など様々な分野で取り沙汰されています。

事故物件のデータベースサイトを運営

大島てるは多くの事故物件の情報を明確に記載しており、不動産を借りる人々に役立っています。現在は日本だけではなくアメリカや中国などの物件情報も載せられ、世界中で利用されていることがわかります。 主に航空写真や地図上から事故物件を探すことが可能で、大都市になるとその件数まで表示されるのです。実際にサイトを見てみると、事故物件の多さに圧倒されます。 大島てると同様のサイトは存在していないため、この分野では独占状態です。