「dispute」の意味と語源

dispute

dispute(画像:Unsplash

ビジネスの場でよく見かける「dispute」という言葉ですが、その意味は多岐にわたります。どういった意味を持っているのかを正しく理解しておきましょう。 また、その語源について知ることで理解を深めることも大切です。「dispute」の語源を知っておくと、意味を忘れることなく定着させることができるので、しっかりと覚えておいてください。

「dispute」の意味は「異を唱える」「論争」

「dispute」には動詞と名詞、両方の意味があります。 動詞として挙げられるのが、「異を唱える」という意味です。ビジネスの場で使われるのであれば、会議で異論を唱える場合に使われることが想定されます。自分の意見を主張する時に使われると考えてください。 名詞として挙げられるのが、「論争」という意味です。これは、議論とも言い換えられます。お互いが自分たちの意見を述べ、舌戦を繰り広げるのが論争です。 「dispute」は、このように動詞としても名詞としても使われることがある便利な言葉なのです。

「dispute」の語源

「dispute」の語源は、「dis」と「pute」にあります。この2つに区切ることで、語源を考えることができるのです。 「dis」は2つの物が離れている状態を示しており、「pute」は「思考、考えている」という意味を持っています。 この2つの言葉を組み合わせると、「考えていることが離れている」となり、「議論」や「異を唱える」となるのです。異なる2つの考え方がぶつかっているというイメージが正しいでしょう。

「dispute」の使い方

dispute

dispute(画像:Unsplash

「dispute」は、ビジネスシーンでさまざまな使われ方をしています。使いこなせるようにしておくことで、いざという時にさっと口から出せるととても便利な言葉です。 ここでは、「dispute」の実践的な使い方について詳しくご紹介していきますので、ぜひビジネスに役立ててみてください。