高校受験に失敗しても悲観するほどではない

(画像:Unsplash

高校受験に失敗すると「この世の終わり」といわんばかりに悲観する親子も少なくありません。しかし高校受験に失敗しても巻き返しは十分に可能です。最終目標は大学入試であることを肝に銘じておきましょう。 何より大切なのは失敗を繰り返さないことであり、当面は高校に入学することです。そこで高校受験に失敗した際の対処法について解説します。

二次募集の高校

滑り止めまで失敗した場合二次募集の高校を受験するのが最善の方法です。少子高齢化の影響もあり多くの高校では定員割れとなっているため、二次募集を行う高校が増えています。 また有名進学校であっても「不祥事の発覚による志願者減」「ライバル高の合格者数の増加」などを理由に二次募集が実施されることも少なくありません。 したがって日頃から各高校の受験事情に関する情報を収集しておくことが大切です。滑り止めに失敗することも想定して入念にシミュレーションしておきましょう。

その先に控える大学受験

高校受験に失敗するとそこから先のことが考えられなくなる人も少なくありません。しかしその先に控える大学受験こそが本番です。 偏差値の高い進学校に入学すれば大学受験の成功率は高くなります。ただし進学校に入学しただけで大学受験に合格することはありません。全ては高校3年間の努力次第です。 学校の授業だけでは心許なければ予備校や進学塾があります。第一志望高に入学できなかったことを悲観するよりも、なぜ失敗したのかを分析し大学受験に活かす方が賢明です。

親の正しい対応

高校受験に失敗した場合、親の対応こそが次のステップにおける成否につながります。とかく高校受験では子どもよりも親が熱くなりがちです。子どもの失敗を厳しく責めてしまう親も多くいます。 しかし叱責だけでは何も生まれません。親の最大の役目は大学受験に向けたサポート役に徹することです。そこで親が取るべき正しい対応方法について紹介します。