高校受験に失敗してしまいがちなパターン

高校受験に失敗する原因は単なる学力不足だけではありません。最も大きな原因は受験に対してモチベーションを維持できない、あるいは志望校に対して強い思い入れが持てないことです。 また志望校だけでなく滑り止めの戦略ミスも失敗につながりがちです。そこで高校受験に失敗してしまいがちなパターンを具体的に紹介します。

親の介入

高校受験に親が介入し過ぎると失敗しやすくなります。高校受験では志望校に対して「絶対にこの学校に行きたい」といった強い想いが必須です。 ところが親があれこれと介入するとやらされ感が強くなり、受験勉強に対するモチベーションを維持できなくなります。また親思いの子どもの場合だと親の期待に応えるための受験となりがちです。 そうすると志望校に対する思い入れも必然的に弱くなり、ここ一番での粘りや力が発揮できなくなります。

滑り止めの戦略ミス

高校受験が大学受験と異なるのは基本的に浪人がないことです。したがって滑り止めといえども戦略が必要となります。 ところが滑り止めにも関わらず偏差値が第一志望とほとんど変わらない学校を選んで失敗する人も少なくありません。また滑り止めの受験対策を蔑ろにして思わぬ苦戦を強いられるケースもあります。 こうした戦略ミスを防ぐには滑り止めの学校選びが大切です。具体的には偏差値の推移、入試問題の出題傾向を分析し、確実に合格できる学校を選ぶことが重要になります。