閲覧とは

(画像:Unsplash

「閲覧」は、学生時代に最もなじみが深い言葉かもしれません。しかし使用頻度が高い言葉ながら、「閲覧」が本来持つ意味をきちんと理解したうえで使っている人は少数派のようです。 ここではまず「閲覧」の読み方と意味、英訳した場合の単語と例文について説明します。

閲覧の読み方は「えつらん」

「閲覧」を構成している「閲」と「覧」という漢字は、他の熟語でもよく使われています。「閲」が使われる熟語といえば、「閲読」「閲歴」「閲兵」があげられます。「覧」が使われている熟語といえば、「一覧」「回覧」「展覧」などです。 「閲」も「覧」も読み方は簡単でそのまま読めばよいので、「閲覧」は「えつらん」といいます。

閲覧の意味は「書物を読むこと」

「閲覧」の意味ですが、「図書館などで書物や新聞・文書を含めた資料をじっくり読んだり調べたり確認したりすること」を指します。そこには自分が目を通した資料から何らかの情報を得る、あるいは得た情報を生かして判断するという意味が含まれています。 そのため図書館で見ることができる雑誌や漫画など、娯楽関連のものは含まれません。持ち出しができない書籍や資料は「閲覧」の対象となります。

閲覧の英語は「read」

「閲覧」を英訳すると「read」になります。公文書などで形式ばった表現をしたい際に、「peruse」を使うこともあります。 ・I do not have the right to read that information. (私にはその情報を閲覧する権限を持っていません。) ・This material is reading exclusive use. (この資料は閲覧専用です。) このように図書館や公共の場で資料を「閲覧」する場合には、「read」を使うのが一般的です。