不文律とは

ビジネスシーンやスポーツの世界で使用頻度が高い言葉に「不文律」があります。所属している組織の「不文律」を知らないことで、不利益を被った経験がある人もいることでしょう。 ここではまず、「不文律」の読み方と正しい意味について説明します。別な言い方も合わせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

不文律の読み方は「ふぶんりつ」

「不文律」には、「不文」と「律」という2つの語句が使われています。「成文」の対義語である「不文」と、「法律」や「規律」などに使われる「律」によって成り立っている言葉です。 「不文律」の読み方は、「ふぶんりつ」となります。「不文律」の語源は定かではありませんが、昔から使われていることに間違いはありません。社会生活や組織運営に関わる場面でも、「不文律」の使用頻度が高いです。

不文律の意味は「暗黙の決まりごと」

「不文律」はいくつかの意味を持ちます。原則的には「文字や文章に書き表していない、暗黙の決まりごと」という意味で使われます。「明文化されていない法律」というニュアンスで、使用することもあります。 「不文律」は業界・企業・組織といった特定の集団において、秩序を保つために慣習的に守られている決まりごとと認識されています。そのため「不文律」を破ると、非難の対象になるのが一般的です。

不文律の類語

「不文律」には類語が複数あります。「暗黙の」という形容動詞の後に、「ルール」「決まり」「約束」という言葉が続くのが一般的です。また「掟」も類語の一つです。しかし、言い換える言葉によってニュアンスは異なります。 ここでは「不文律」とその類語について、ニュアンスの違いや使い方も含めて説明します。