日大ラグビー部の部員が大麻所持の疑いで逮捕

日大ラクビー部選手大麻所持で逮捕

  • 日大ラクビー部樋口弘晃選手が大麻所持の疑いで逮捕・ラクビー部は無期限活動停止
  • 日大は2018年にも悪質なタックルで騒動を起こしている・問われる学校の管理体制
  • アスリートの間で広がる大麻とは・東京オリンピックを控えて日本はどう対処するのか

日大ラグビー部の部員の大麻所持問題

樋口弘晃容疑者は、東京都渋谷区で警官の職務質問を受けた際、大麻所持の疑いで現行犯逮捕されました。樋口弘晃容疑者は警視庁の取り調べに対して、自分が使うために持っていたことを認めています。逮捕された樋口弘晃容疑者とは、どんな選手だったのでしょうか。

樋口弘晃容疑者

樋口弘晃容疑者は現在日大文理学部の3年生で、ラクビー部ではSH(スクラムハーフ)のポジションを務めていました。身長157cm、体重67kgと小柄ながら、レギュラークラスの選手として活躍していました。 中学生からラクビーを始め、福岡県久留米市の少年ラクビークラブ「りんどんヤングガーズ」に所属していました。 高校生は全国大会に8度出場した強豪熊本県立荒尾・岱志高等学校へ進学し、卒業後に現在の日大に入学しています。

日大ラグビー部は無期限の活動停止

この事件を受け、日大はラクビー部の活動を無期限停止すると発表しました。日大は今年の関東大学リーグ戦で2位となり、6大会ぶりに全国大学選手権に出場しています。 ライバル校の早稲田大学に準々決勝で敗れはしたものの、強豪復活の兆しを見せていました。日大は過去リーグ戦に3度優勝する名門校で、日本一を目指し今月19日には来季の新体制が発表されたばかりでした。 今年はラクビーワールドカップがおこわれ、日本チームが8強入りしたことでラクビー人気が高まっていただけに、ラクビー界にとっては大きな痛手となりました。