1分でわかるライダイハン

ライダイハンとは

  • ライダイハンとは韓国兵とベトナム人女性の間に生まれた子供を指す
  • 世界的に注目されているが、韓国政府はこれまで一度も対応していない
  • 2019年6月にはイギリスでライダイハン問題を告発する銅像が建てられた

徴用工や慰安婦の問題で日本を批判している韓国ですが、国際社会では批判の目が向けられています。それは韓国政府が「ライダイハン」問題について、一切の対応をしていないからです。 そこで今回はライダイハンが生まれることになった理由と問題点について、解説します。

ライダイハンとは

(画像:Unsplash

「ライダイハン」という名称を、2019年6月にイギリスで銅像が建立されたことで知った人も多いことでしょう。ライダイハンとはベトナム戦争に派兵された韓国兵と現地のベトナム人女性の間に生まれた韓国系ベトナム人の子供を指し、2~3万人いると推察されています。 ここではライダイハンについて、詳述します。

ベトナム戦争でベトナムに多くの韓国兵が派遣された

1955年から1975年にアメリカと北ベトナムの間で起こったのが、ベトナム戦争です。社会主義国であった北ベトナムが、分断されていた資本主義国である南ベトナムに侵攻したことがきっかけで勃発しました。 当時は冷戦の影響が大きく、資本主義国と社会主義国に世界が分かれていました。資本主義国の筆頭であるアメリカの軍隊が南ベトナムを支援して、軍事攻撃を始めたことにより戦争の口火が切って落とされました。そしてベトナム戦争には、韓国兵も数多く派遣されたのです。

【関連記事】近代に起こった戦争についてはこちら

韓国兵が現地のベトナム人女性を強姦していた

ライダイハンが生まれたのは、韓国兵がベトナム人女性を強姦したからだと言われています。ベトナム戦争当時に韓国軍が派遣したのは、2個師団と1個旅団で延べ3万1000名が派兵されました。 最盛期には5万人を超えていた韓国兵の一部が、ベトナム人女性を凌辱していたのです。その結果、推定3万人ともいわれる「ライダイハン」が生まれました。