1分でわかる島根女子大生死体遺棄事件

1分でわかるニュースの要点

  • 2009年11月に発覚した女子大生の死体遺棄事件
  • 犯人特定までに7年かかった
  • 犯人が事故死していたことから、不起訴となっている

女子大生の頭部の遺体が臥龍山で発見されて事件が発覚

2009年11月6日、臥竜山の山頂近くで女性の頭部が見つかりました。発見したのは当時、偶然山に入っていた男性です。 男性の通報を受けた警察は翌日7日、広島県警と島根県警で合同捜査を開始しました。 合同捜査本部はDNA鑑定の結果、女性の頭部が広島県浜田市在住の19歳女子大生だということを突き止めました。

その後バラバラ遺体が発見された

その後、臥竜山のあちこちで、バラバラになった遺体の一部が次々発見されていきます。 まず7日に左大腿骨の一部、8日には両手足と胴体が見つかり、19日までに爪を含めた無数の肉片が発見されました。それらはすべて、1人の女子大生の遺体を切断したものだと後に判明します。 遺体は単に切断されていただけでなく、激しく損壊していました。殴打して踏みつけ、内臓を切り刻み、火をつけた痕跡まで残されていたのです。