intense(インテンス)の意味やスラングの使い方・さらに覚え方まで紹介!

ビジネス英語

2019年2月22日

「intense」という英単語の意味や使い方をご存知ですか?「intense」は大きく分けて3つの使い方があります。それぞれに関して例文や使い方を示して解説していきます!これを読めばきっと「intense」という単語を使うことには困らないでしょう!ぜひご一読ください!

「intense」の読み方と由来

Sound Listen the english sentence

intense

激しい・熱烈な

intenseは、「インテンス」(inténs)と発音する英語です。もともと、ラテン語のintensusという言葉に由来します。ラテン語のintensusは「インテンサス」と発音します。 intensusは、英語のintendという言葉の過去分詞に相当する語で、「張られた」という意味となります。英語intendの原義は、「in-(中に)」+「tend(手足をいっぱいに伸ばす)」という意味です。そのため、intenseも「in-(中に)」+「tense(手足が精一杯伸ばされた)」という意味を持っています。 intenseという単語は、ここから様々な意味に派生してスラングとしても用いられるようになりました。

「intense」の意味①「激しい」

intenseには、「(光・温度などが)強烈な」「激しい」「猛烈な」「(色が)濃い」という意味があります。 この「激しい」という意味は、intenseが使われる状況によって様々に変化します。

「激しい」の意味の例文①

次のようにintenseが修飾する言葉によって様々に意味が変化するので、修飾する言葉によって言葉の意味を考えることが大切です。

Sound Listen the english sentence

intense heat

酷暑

Sound Listen the english sentence

intense pain

激しい痛み・激痛

Sound Listen the english sentence

intense gale

強烈な風

修飾する言葉によって、「激しい」という意味が様々に変化するため、ネイティブスピーカー以外は慣れるまでが大変ですが、原義が「激しい」という点は変りません。 intenseは、「激しい」という意味をまずはきちんと覚えて、その後、柔軟に意味を理解しておくことが大切です。

「激しい」の意味の例文②

Sound Listen the english sentence

intense silence

水を打ったような静けさ

直接的に激しいという意味は出てきていませんが「水を打ったような静けさ」のように表現するときもあります。 ネイティブスピーカーでないとこのような表現は覚えていないとわからないこともあると思いますが行間を読むことが意味を理解する近道になるでしょう。

「intense」の意味②「熱烈」

intenseは「(人の感情などが)熱烈」「(感情・行動などが)激しい」「真剣な」「熱心な」という意味も持っています。 基本的にはポジティブな意味を持つintenseも、人間の感情について言う場合にはネガティブな意味を持つことがあります。intenseという言葉が人間の感情について使われるとき、そこには「感情的な」「感情的になりやすい」というネガティブなニュアンスが含まれている点に注意が必要です。

「熱烈」の意味の例文①

Sound Listen the english sentence

He was such an intense man.

彼は情熱的な男だった

Sound Listen the english sentence

A: Why do you work so hard? B: Because I'm just intense!

なぜそんなに一生懸命働いているの? ただ真面目なだけだよ

このように、人の感情に対して使う場合には、intenseは「熱心さ」や「真剣さ」をあらわします。

「熱烈」の意味の例文②

この他にも intense inをセットで使う用法もあります。

Sound Listen the english sentence

My boyfriend in now so intense in studying English.

私の彼は英語の勉強に熱心だ。

intenseの後にinを使い、inの後には動詞(動名詞)を用いることで、何に熱心であるのかをあらわします。

「intense」の意味③「すごい・イケてる」

intenseには、「すごい」「イケてる」「かっこいい」という意味もあります。 辞書的には、この用法は俗語用法(スラング)として分類されるため、使い方をよく考えることが大切です。この意味のintenseは、英語"exicite"とほとんど同じように使われ、スラングで「素晴らしい」「すごい」という意味で使われる"awesome"と同じ意味を持ちます。

「すごい・イケてる」の意味の例文①

Sound Listen the english sentence

I found an intense girl!

イケてる女の子を見つけたよ!

スラングとしてintenseを使う場合、「興奮した」「かっこいい」などのニュアンスを持ちます。 この用法はかなりカジュアルなintenseの使い方となるので、フォーマルな場面では使われません。

「すごい・イケてる」の意味の例文②

Sound Listen the english sentence

A: Did you like the movie you saw yesterday? B: Intense!

昨日見た映画どうだった? やばかったよ!

このように、スラングで使われるintenseはかなり砕けた意味を持つことになりますので、使う場面には注意が必要です。 ただし感情を言葉で表現するときに使うと興奮度が相手により伝わりやすくなるでしょう。

「intense」のオススメの覚え方

intenseという言葉の意味をきちんと理解するためには、まずはintenseのもともともの意味を理解することが大切です。 intenseは、もともと「in-(中に)」+「tense(手足が精一杯伸ばされた)」という意味を持っています。この語義が持つニュアンスをきちんと理解しておけば、intenseの様々な意味も理解しやすくなります。 スラングとしてのintenseは、英語のネイティブスピーカーがよく使うawesomeとほとんど同じ意味を持ちます。ただし、微妙なニュアンスの違いとして、intenseの方が汚い言葉です。 たとえば、あえて日本語にすれば、awesomeは「すごい」という意味で、intenseは「すげー」という意味に近くなります。 まずはきちんとintenseのもともとの語義である「激しい」という意味を覚えた上で、次に続く単語に応じて意味が変化することを理解することが大切です。変化する意味を覚えるためには、たくさんの用法を聞いたりして書いたりして用法に慣れることが必要となります。 最後に、スラングとしてのintenseの意味と用法を身に着けましょう。スラングですから、まずはきちんと正式な意味と用法を覚えた上で、スラングとしての意味も覚えることが大切です。 【関連記事】awesomeについて詳しくはこちら!

まとめ

intenseは、英語のネイティブスピーカーでない人には比較的理解しにくい言葉です。 その理由は、intenseの後に続く言葉によって、その意味が柔軟に変化するからです。そこにさらにスラングとしての意味が加わって、意味がわかりにくくなりがちです。 そんなときは、まずはきちんと「激しい」というintenseの原義の意味を理解することが大切となります。


関連記事