黒岩信忠町長による新井祥子へのセクハラ疑惑

黒岩信忠町長によるセクハラ疑惑が起こった発端は2019年11月に新井祥子町議が電子書籍の中で告発したことでした。 まさしく泥沼化した草津議会の真相に迫って行きます。 ここでは黒岩信忠町長による新井祥子町議へのセクハラ疑惑と、その後の議会の動きについて詳述します。

議会にて新井祥子がセクハラを告発

2011年11月「草津温泉漆黒の闇」という電子書籍が出版されました。著者は「温泉失格」というメルマガで有名なライターで、草津町の再開発に絡む疑惑について取材していたようです。 「草津温泉漆黒の闇⑤」の中で新井祥子町議は2015年1月8日に黒岩信忠町長から性的関係を強要されたと告発しました。 そして「草津温泉漆黒の闇⑤」の発売直後新井祥子町議は記者会見を開いて当時の様子を語りました。

町長室での肉体関係の強要

記者会見を開いた新井祥子町議は2015年1月8日町長室において黒岩信忠町長と2人で面会した際に性的行為を強要されたと語りました。しかもその時間は同日10時から11時の間だったといいます。 記者団からは「なぜ4年近く経ってから告発したのか。」という問いが投げかけられました。新井祥子町議はそれに対し「町長への不信感が増したから。」と発言しています。 新井祥子町議の本当の目的が明らかになるのは同年12月2日でした。