帝銀事件‎とは

「帝銀事件」という事件をご存知でしょうか。 一時期世間を騒がせた大事件であり、一応の解決がなされたとされるものの、未だ多くの謎が残っているという事件です。この記事では、「帝銀事件」がどういった事件であったのか、その真相について紹介していきます。

都の職員に扮した男が帝国銀行にて行員や用務員に青酸カリを飲ませた

「帝銀事件」では、都の職員を語る男が帝国銀行を訪れ、行員や用務員に青酸カリを飲ませたことが明らかになっています。この時、犯人とされる男は、「近くで赤痢が起こったからその予防薬としてこの薬を飲むように。」と指示して行員たちに薬を飲ませました。 自分が飲んでみせるから、この通りに飲んでほしいというようなことを言って、信憑性を持たせるという巧妙な手口を使ったところから、犯人が実に冷静な犯行の計画を立てていたことが窺えます。

都の職員に扮した男は現金と小切手を盗み逃走

都の職員に扮した犯人は、現金16万円と小切手を盗みその場から逃走します。小切手は翌日に別の銀行で現金に換えられていましたが、それに気づくことができたのは事件から2日後とだいぶ遅れてからのことでした。 捜査が後手に回ってしまった原因は、被害者の数が多かったことや犯人の手口が巧妙であったことなどさまざまなことが考えられます。いずれにしろ、ここで犯人は上手く逃げおおせてしまったというわけです。

使用された薬物には諸説ある

「帝銀事件」で使用された薬物ですが、青酸カリではないという説もあります。青酸カリに近いものなのか、全く別の薬物なのか諸説あるとされています。 被害者となった行員たちは使用された薬物の後に何のためか第二薬を飲まされています。また、青酸カリの薬物としての効力が本当に使用された薬物の効力と一致するものであるのかも定かではないのです。そのため本当に青酸カリなのかどうか判断することができませんでした。