フリーアドレスの様々な疑問

(画像:Unsplash

仮に、自分が働いている会社にフリーアドレスの導入が決まると「私物はどこに置くの?」「備品はどうするの?」と様々な疑問を持つことでしょう。 よくある疑問に対して、フリーアドレスを実施している企業がどう対処しているのかを紹介します。

バッグやコートなどの私物の置き場所

固定席がなくなると、「バッグやコートなど私物の置き場所はどうするの?」という疑問が上がります。 フリーアドレスの企業は、通勤用バッグを置くための個人ロッカーを設置しています。また、コートは共用のラックを置き、席にまで持っていく必要がないよう配慮されています。 仕事中には余計なものを持たなくなるため、誘惑が減って集中できる効果もあります。

固定電話の配置場所

「固定電話はどこに置くの?」ということもよくある疑問の1つです。 企業は子機ほどの大きさで携帯に便利な「コードレスデジタル電話」を用いたり、社用携帯電話に内線を繋ぐことができるようにしたりと工夫しています。また、取引先ともチャットを使ってやりとりをしている企業も増え、固定電話がなくても仕事ができる環境を整えています。

文房具などの配置場所

「普段使用する文房具はどこに置くの?」ということも疑問に思うでしょう。 はさみやセロハンテープなどは共用スペースに設置している企業がほとんどです。ふせんやペンなど個人的な文房具は社内で持ち歩くことができるようなポータブルケースを配布し、その中に入れて管理しているというところもあります。